Prophet-V2 でフェードインでビブラートをかける方法

ARTURIA Prophet-V2 でやってみたかったけど,今までできなかったこと。

ローランド社製のシンセで普通に音を作っていて,当然にできていた「フェードインしてビブラートをかける」(一般的には,ビブラートにディレイをかける,かも)という至極簡単で単純なことですが,意外とできないシンセが多いことにDAWを始めてから気が付きました。

私が使用してきたローランド社製のシンセには,LFOに通常「ディレイ」若しくは「フェードイン」なるツマミがありました。なので,徐々にビブラートをかけるという色付けを何の迷いもなく付け加えることができていたのですが,他社のシンセ(最近はソフトによるVSTになってしまいましたが)には,ありません。

ARTURIA Prophet-V2 も同じく,LFOにディレイ等のツマミは付いていません。
よって,LFOを機械的に設定してディレイをかけるということはできません。

この製品は少し前から所有していたのですが,プロフェット5を使いたい!という単純な動機で購入したため,せっかく用意されている「プロフェット5モード,プロフェットVSモード,ハイブリッド・モード」の三つのモードの内,興味のあったプロフェット5モードしか使用していませんでした。

購入後すぐに説明書を見ていて「プロフェットVSモード」の画面に,モジュレーション・マトリクスの画面があることに気が付いていました。
これは,Cubase付属の「Retrologue」のモジュレーションマトリクスや「KORG Legacy Collection Mono/Poly」のバーチャルパッチと同様のものだろうとは思っていたのですが,なかなか時間が取れず試すことができませんでした。

多少,試行錯誤はしたものの,思いのほか短時間で「フェードインしてビブラートをかける」ことができましたので,記録しておきたいと思います。


Prophet-V2-ビブラートをフェードインさせる
Prophet-V2-ビブラートをフェードインさせる posted by (C)division17

ご覧のとおり「ハイブリッド・モード」を使用します。
結論から言うと,プロフェット5単体ではLFOにEGで変調をかけ,さらにオシレータに変調をかけることは不可能なため,VSのモジュレーション・マトリクスを使用して,VSフィルターEG→LFO1→プロフェット5オシレータA の順番で変調をかけることが可能です。

モジュレーション・マトリクス(説明書ではマトリックスと表記されています。)の横軸でディレイをかけるためのフィルターのエンベロープジェネレータ(EG)のところをたどっていき,変調をかける先のLFO1AMNTをチェックし,一番右側のアマウントで変調量を数値でせっていします。さらにLFO1でオシレータAにビブラート(変調)をかけたいので,LFO1の横軸をたどってFREQ A Pro5をチェックします。

これで,「フェードインしてビブラートをかける」ことができる筈なんですが,最初はビブラートすらかかりませんでした。
なぜか?と考えてみると,VS側のフィルターのENV AMNTが0になっていました。これではEGに音が送られていないので変調されないはずです。ENV AMNTを最大にすると。。。。効果は自分の耳で確認してみてください。

それと,ハイブリッド・モードではプロフェット5とVSの中から,「オシレータ,フィルタ,アンプ」をどのように使用するか設定できます。

Pro-V2-Audio設定
Pro-V2-Audio設定 posted by (C)division17

オシレータはプロフェット5のオシレータAを使用し,プロフェット5のフィルター→VCAという流れに設定しています。

ちなみに,今回はフィルターのEGを使用しましたが,もちろんVCAのEGでも同じように変調をかけることができます。この場合前述のENV AMNTに当たるのがVolumeとなります。


以上,意外と奥が深かったARTURIA Prophet-V2 でした。
以前,VSには全く興味が無い!等と書いた記憶がありますが,今は興味があります。。。。。

まあ,以前と考えが変わらないのは,やはり色気の全く無いエフェクターです。
私の場合,音を作るだけの時も,Cubaseを起動して,ディレイやリバーブ等を予め保存して,いい音の状態で音色を作れるように設定しています。

先ずは,お試しあれ。

「WindowsPC」復活!

「WindowsPC」復活!
なんて書いても,もうしばらく前の事。。。

自分のメモに誤りが無ければ,復活作業(再インストール)を開始したのが8月末の事です。
計画やら下準備も含んでいます。

今回の作業の概要は以下のとおりです。

updateでPCが☆彡になる前の状態,即ち,

8月15日以前のPCの状態の再現

さらに,
8月15日以前の作業状態を再現するが,不要なソフトを精査することとし極力コンパクトにする

必要なソフトやプラグイン等々を順番にインストールしていく

以上です。

メモはどの作業にどれ程の時間を要したのか,大まかにでも記録すれば何かに役立つかも!と思ったから書き留めるようにしました。

最初のメモの日付は8月30日で,自分のメールアドレス等のメモから始まっています。
作業は先ず,PCに新HDDを取り付け(と言っても,PC自体がラックの裏側からしか取り出せる大きさではなかったために,取り出すだけでもかなりの大騒動でした。)(と言っても,PC自体がラックの裏側からしか取り出せる大きさではなかったために,取り出すだけでもかなりの大騒動でした。),「RAID 0」の設定を行い,各ドライブの割り当てを考え,PC内の設定(マイフォルダ関係)をし,外付けHDDからデータを一つ一つコピー(量が尋常でなかったのでかなりの時間を要しました。)し,PCの設定等が済んだのが9月3日のようです。

ソフトのインストールを開始したのが9月5日で,終了したのが9月17日頃です。
作業は帰宅後や休日の半日,途中,行事のために作業できない日もあったようですが,ほぼ2週間かかった計算です。
※実際には,ソフトの設定を落としていて,後日再度インストールしたものもあったりしていますので,現実にはもう少しかかっています。

今回,幸いだったのは,Windows7だけは普通に起動できて,外部記録装置である外付けHDDを認識してくれたことです。そのため,準備段階で考えられる必要なバックアップを外付けHDDに行えたことです。
以前から,マイフォルダの一部設定を外付けHDDに設定していたために,多くのバックアップデータが無傷で残ったのが本当にラッキーでした。


せっかく,各ソフトのインストールの内容のメモ(一部,疲れから記録していないものも含む。。。)を残したので,面白そうなものがあったら後程改めて記事にしたいと思います。

Windows UpdateでWindows7が☆彡になってしまいました。。。

☆彡になってしまいました。。。
は、多少、語弊があります。

先月中旬のWindows Updateを行った(いつもの終了時にアップデートを自動で行うというもの)ところ,いつまで経ってもシャットダウンされず,固まっている様子。一部記憶が曖昧な部分もありますが,一時間位は画面が変わらなかったように思います。

固まっているとすれば,対処方法は既に限定されてしまうが,それでも,躊躇しながら,残された最後のボタン「リセットボタン」を押してしまいました。

起動すると,エラーが連発し消えません。
レジストリーがエラーを起こしているのは明白だったので,フリーソフトによるレジストリーの修復を試みるも効果なし。
復元等も考えて行ってみましたが,全く効果なし。システムイメージの作成も行っていたいましたが,極度の緊張と肩の痛みからくる寝不足で意識が朦朧としていたため体調が良くなかったこともあって,復元しなきゃいけないのに,なぜか上書きでシステムイメージの作成を行ってしまいました。
この時点で,さっきまでの状態に戻す手段が無くなり,結論から言うと,私のWindows7は☆彡となってしまいました。
とりあえず起動はし,エラーメッセージもタスクマネージャーからエラーメッセージが出る起動ファイルを起動しないよう設定し,エラーメッセージの表示はクリアし,ネットの閲覧もできますが,Cubaseを起動しようとすると,すぐにエラーが表示されて使えません。こんな環境では何にも使えないので☆彡になったのと同様です。

こうして,私のWindows7は,以前から少しだけ考えていた,「プログラムで使用するHDD」と「データ保管のためのHDD」をはっきりと区分けし,「外付けのHDDはデータのバックアップ」にしよう等々の漠然とした考えがあったので,HDD等の不要なファイルを消去するいい機会と考えて,再インストールを行い,構想していた事を行おうと前向きに考えるようにしました。

いい機会ですので,HDDを増設し,RAID0(ストライプボリューム)設定を行い,高速処理化を行うつもりです。PCの物理的設定は完了しましたが,ソフトの数に圧倒されてしまい思うようにインストール作業は進んでおらず,RAID0の恩恵を感じることができるのは,まだまだ先の話になりそうです。。

未だ,作業の完了する日程等の目途は不明です。4年目に入ったPCですので,その間導入したソフトの本数もかなりあります。中には,データDVDのコピーだけで約5時間かかったソフトもあるので,先が思いやられます。。。

いつ,終わるのだろう。。。
製作途中だったのに。。。
※データの保存先は,外付けHDDを設定してるので,データは残っています!

KORG R3のノブに不具合発生

KORG R3のノブに不具合が発生しました。

画像を準備して書こうかと思いましたが,静止画ではわからないので文章だけにします。

具体的には,エンベロープの調整でアタックの微妙な数値を調整したい左側のノブです。
微妙にアタックを調整しようとすると,予期せぬ動作をします。1とか2ずらそうと動かすとユラユラと勝手に数値が動きます。微調整は単体でできなくなりました。

音がいいだけに正直がっかりです。
まあXPも壊れてしまった(と言っても,年代が違い過ぎるか。。。)し,止む無しと考えたいところですが,もっと古い音源が普通に動作してツマミ類も,ほぼ動作している(T3のボタンがちょっと反応が鈍い。と言っても,これも年代が全く違う!)のに残念です。

後は,PCで音を作ることになりますが,やっぱり本体で作るのと違いますから,がっかり。。



さて,
暑くなってきました。


今年も祭りの時期です。

毎年,桟敷席のために通勤に一苦労です。
7月中旬から設置されて8月上旬の祭り終了まで設置されているので,約一カ月の間,歩道がかなり狭くなります。
バス通勤して徒歩で勤務先まで歩いていると,猛スピードで走ってくる自転車に腕をひっかけられそうになります。危険です。

それと桟敷席が祭りを観覧できる内の,ごく一部ではありません。無料で見れる場所が少ないんです。
なので,中にはバス停の屋根の下にビニールシートを引いて自分らの場所と称していた,困った家族がいました。
旦那はともかく,奥さんは若いのに恥ずかしいとかって気持ちは無いのでしょうか。。。無いのでしょう。。。子供を叱りつけてました。
「そんな自分勝手なことばっかり言って!」自分勝手は自分でしょうに。。。

昨年,せっかく青森にいるのだからと思って相方と見物に歩いたのですが,桟敷席の無いところを探して行くと,今度は町会指定席とかって紐で囲まれたパイプ椅子のコーナーばかりで,どこもフリーの見物できるところが無く,疲れ果てていたら,その指定席の空いているところに「よかったら,どうぞ」と,町会の方でしょうか,案内していただき,なんとか無事に見物することができました。
とは,言っても,このパイプ椅子のコーナーもほぼ人が座っていません。桟敷席も,途中まで見物客でごった返していましたが,途中から客が何処かへ消えてしまいました。
祭りが佳境に入った頃には,有料席は人がいない状況だったと思います。

この祭りが,誰のための祭りなのか疑問です。


同じく,もうすぐお盆の時期です。
帰省中,信号待ちで交差点に止まっていたら,自分の隣に白バイが停車しました。斜め前方を見ています。
何かしたのかと,視線の先を見ると,軽ワゴン車を運転しているお父さんが,何か探し物でしょうかシートベルトを手で持って足元とかを探している様子です。シートベルトはどうするのか。。。。

そうこうしていたら,信号が青に変わりました。
私の前の車が走り出したので,私も走り出そうとしたら,白バイがサイレンを鳴らし,急発進しました。
私の前の車を手で遮り,無理やり前に出てさっきの軽ワゴン車の方に強引に行き,静止させました。

軽ワゴン車のお父さん,よく見たら,シートベルトする余裕がなかったのでしょう。してません。

私も,急に止められてびっくりしましたが,私の前にいた車の方は,白バイの動きが見えていなかったと思うので,引きそうになったと思います。かなり驚いたと思います。引いていたらどうなったのでしょう。。。



誰に言われ,教わったのか忘れましたが,

「人として,自分で恥ずかしいと後で思うようなことはやっちゃいけない」

ズキンと,胸に響く言葉です。

人に言う前に,自分を戒めねばと最近特に思うのでした。。。

SYNTH1の配色をSH-32風に変更

SYNTH1は,フリーソフトなんですが,普通に販売されているVSTソフトと何ら遜色なく,音も気に入っているのでしばらく前から使用しています。

最近のVSTiと比較すれば,ノブ等のデザインがデザイン的に古めかしかったりするのですが,操作のしやすさ,データ保存先の設定の自由なこと,そして何よりも個人的に気に入っているのが,配色を変更できる点です。

この,配色を変更できるって,簡単にできそうとも思うんですが,私の知る限り,VSTiでできるのは,このSYNTH1のみです。


SYNTH1 SH-32っぽい感じに
SYNTH1 SH-32っぽい感じに posted by (C)division17

上記の画像は7月に入ってから,SYNTH1 がバージョンアップしたことを知り,久しぶりに色々操作している内に,PCの近くに置いているSH-32が目に入り,いつものように音楽と直接関係のない方向に脱線して1時間ほどかけて配色してみました。

特段,自分的に何か新たに作ったとかではなかったのですが,自分的にけっこう気に入ったので,記録に留めたいと思いました。
いかがでしょう?

ちなみに,


SYNTH1 SH-32っぽい感じの配
SYNTH1 SH-32っぽい感じの配 posted by (C)division17

青で囲んだ部分に好みの色の数値を入力して変更するのですが,変更できるのは上記の画像のとおり,テキスト部分とパネル部分の2カ所となっています。
言い換えると,2カ所の設定を変更するだけで,好みの配色に変更できるのですから,かなり秀逸なソフトと言えると思います。見た目って,自分的にけっこうやる気に直結している部分なので,その点でもこのSYNTH1はよいソフトだと思います。

ちなみに,配色は
こちらのサイト
を参考にさせていただきました。見ているだけでも楽しいですが。。

そして,何よりも,このSYNTH1
こちらのサイト
で無料でダウンロードできます。

SYNTH1は,個人的に有料でもおかしくないと思います。メタセコを考えると,機能制限付きにして,多少の額を支払う形にした方が良かったのでは?と,個人的に思っている位です。でも,有料だと今ほどの展開は無かったのでしょうか。。。

今後のさらなるバージョンアップを期待します!

プロフィール

dividion17

Author:dividion17
3DCG  : 現在停滞中
音楽  : 再開中
写真  : 現在進行形
ホビー : 予算削減により一時
       中断

YMO,細野さん,坂本さん,ユキヒロさん,矢野さんに強く影響を受けてシンセサイザーを購入することに。
しか~し,就職して仕事が忙しくなるにつれ,自由に使える時間が無くなり,ついには機材を定期的に購入するだけの状態に,自分的に言うと「楽器収集家」にいつの間にか変貌してしまっていました。
相方と一緒になって,思考回路をバージョンアップしてもらったことにより,時間を有効活用できるようになり,現在,過去に購入した機材のメンテナンス及び整理整頓,機能の習得にと,睡眠時間を削っての作業を行っています。
その中で自分なりに感動したことや,気になったこと,気付いたことなどを書いていきたいな,と,思っています。

カテゴリ

openclose

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QR
月間アーカイブ
 
画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
招き猫
ブログ内検索
気になるもの・おすすめ商品
現在の時間と天気
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ解析