スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

祝! WAVES 64bit化!  

WAVES がやってくれました!
「V9」で,ついに,64bit化達成です!
それも,無償のバージョンアップで可能です!

次のバージョンアップは,間違いなく有償のアップデートになるだろう,
と,
勝手に想像していたのですが,うれしい方向に裏切ってくれましたね!

バージョンアップは,3月中に気づいて,バージョンアップも完了していたのですが,書いている時間が無く,今日になってしまいました。

これで,CUBASE5も64bitで使用できます。
ただし,ボーカロイド,SPL Transient Designerは32bitでしか使用できないので機能が限定されてしまいます。

まあSPLの方は「jBridge」を使えば大丈夫でしょうか?
と,思って,念のため,ブログに書くために,信ぴょう性を担保する意味も含めて,実際にやってみました。
結果は,ダメでした。
ウェブを検索して,「jBridge」はVST3には使用できない旨の記述を発見してしまいました。
そのとおりとすれば,設定できなかったことも理解できます。

ボーカロイドは32bitのCUBASE5で起動してwavファイル化し,その後,64bitのCUBASE5に挿入する事で使用できるので,特に問題はないと思います。

32bit と 64bit では音の違いがあるのかはわかりません。
「32bit 浮動小数点オーディオエンジン」を使用していると,スタインバーグのホームページ上に記述があるので,64bit に切り替えても,おそらくはコンピュータ上で使用できる RAM等の上限は増えるものの,オーディオ処理は 32bit で行われるという事なんでしょうか。。。

まあ,一時期は「studio one」の購入も考えていたんですが,音質の向上よりも,テクニックの向上の方が必要でしょうし,今から,新たにDAWの操作を覚えていくのも面倒ですし,何よりも,今回のWAVESプラグインの64bit対応で,私のCUBASE5も 64bit を起動しても,WAVESを使用できるようになったので,しばらくはCUBASE5でいこうかと思っています。。

ちなみに,画像は用意していません。
何せ,64bitになったからといって,画像上に違いはないですからね。。。
[ 2012/04/03 22:45 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

はじめまして

windows7の64bitでcubase5.1を使用しています。

質問ですが、上記の環境で64bitと32bitの切り替えはどのようにすれば良いですか?

もう1つ、メモリーの負荷を確認するには何をしたら良いですか?

恐れ入りますが、教えていただけると有り難いです。

宜しくお願いします。
[ 2012/12/14 21:04 ] [ 編集 ]

No title

nakさん
すっかり返信が遅くなり本当に申し訳ありません。
おそらく体調が悪かった時期で対応できなかったのではと思います。

さて切り替えはCubaseを64bitと32Bitのどのように切り替えるのかということだと思いますが,結論から言うと,切り替えなるものは存在しません。
起動時に64bitのCubaseを起動するか,それとも32BitのCubaseを起動するかで使い分けるしかありません。
メモリーの負荷については,パフォーマンスメーターとなるのかと思いますが,解説書等にはHDDとCPUの負荷について確認できるとの説明書きしかありませんので,メモリーのみの確認はできないのかもしれません。
通常使用していて,負荷によりプチッというノイズが入るのはCPUの処理が追い付いていない事に起因しているようですので,メモリーではなく,CPUの問題なのではないでしょうか。

回答が遅くなり,申し訳ございませんでした。
[ 2014/11/07 04:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://division17.blog25.fc2.com/tb.php/388-4845dae5











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。