スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CUBASE7付属の「Retrologue」について 

CUBASE7付属の「Retrologue」についてです。

最近になって,ようやく付属のVSTプラグイン類を触りだしました。それというのも,CUBASE7をバージョンアップしたら,おそらくAutomapとの不具合だと思うんですが,CUBASE7起動の途中で以前にも出たWAVESライセンスエラーが出てしまい,Automapをあれこれいじっている内に,CUBASE5が起動できなくなってしまい,解消できるまでCUBASE7の方を使わざるを得なくなったからです。

「Retrologue」ですが,

Retrologue_KagekiLadyOrgan
Retrologue_KagekiLadyOrgan posted by (C)division17

ちょっとだけ,手ごわそうな印象を持っていました。

プリセットの音色をいくつか聴いてみたところ,結構良さ気です。

オシレーターは2個とサブ・オシレーターが1個あります。後は,ノイズジェネレーターが1個です
ここまでであれば,他のバーチャルアナログシンセと変わり映えが無いですが,オシレーター1・2には,それぞれ5個のモードがあり,「シングル」,「シンク」,「クロス(モジュレーション)」,「マルチ」と変更できます。
「シングル」は当然ひとつの波形が鳴るもので,「シンク」,「クロス」も予想できると思います。これらも単独でかけれるんですごいんですが,「マルチ」は8個までのオシレーターを重ねることができるモードで,簡単に言えば,のこぎり波を設定し「マルチ」を選択してデチューンで軽くピッチをずらしてあげるだけで,重圧な音色ができあがるというもので。
オシレーター1個だけでできるので,重厚なストリングスや,モワーっとしたPAD系の音色も比較的簡単にできます。

フィルターも,効きが良さ気なフィルターです。
毎度の事でなんですが。。。。

Retrologue_kokika-
Retrologue_kokika- posted by (C)division17

いつもの「コキカー」という音も簡単に作れました。
ノイズの種類も数種類あります。フィルターを使ったSE的な音色も簡単に作れそうです。

それと,モジュレーションマトリクスというのが付いていまして,10個の変調をかけれるのですが,使い方次第でビブラートをかけることも,さらにビブラートをフィルターのEGを使用して打鍵後に時間差でビブラートをかけるってなこともできます。
ここら辺は,KORG R3 というよりも,KORG Legacy Collection Mono/Polyに近い感じです。どちらかと言えばKORG R3のような自由度の高いものにして欲しかったのですが,ぜいたくは禁物でしょうか。。。。

エフェクターですが,モジュレーション(コーラス・フランジャー)とディレイが付いています。
ですが,あなどるなかれ!これがまた割といいものが付いていて,音になじむように思います。

と,

前回までの記事と正反対の記事を書いているように思われそうですが,別にSteinberg社のゴマすりしている訳ではありませんので,勘違いなさりませんように。。。。。。

後は,未だちょっと触っただけなので,その内,試してみたいと思います。。。

[ 2013/06/03 00:48 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://division17.blog25.fc2.com/tb.php/403-ed437dfc











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。